コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

book紹介③

Book紹介③

どうも、ひさしぶりです。
しんちゃんです。


本を紹介するってなかなか大変さ作業だなあ…(笑)と感じています。
出来るだけ自分の主観が入らないようにまとめていくことは簡単じゃないですね。


でも、頑張っていきますよ~!



今回は教育についての本です。



本の題名は『下流志向』
著者は内田樹さんという方で神戸女学院大学の教授の方です。
表紙には
“日本中の親、教師を震撼させたベストセラー”
…と書いてありまして、非常の興味深かったので買っちゃいました。
結構読みやすいですよ。


どんな内容かといいますと
主題となっているのは
「学びからの逃走」、「労働からの逃走」
という内容です。



まあ
どうして子どもたちは勉強をしなくなったのか
どうして若者は仕事をしないのか
…ということについて述べられていて、
キーワードとして「等価交換」という言葉が挙げられています。



今の子供たちは勉強に向かうに際し
「先生、これは何の役に立つのですか?」というような問いをする。
確かに、授業を受けることは50分の間椅子にじっと座っていなければならないため、
苦痛に感じることはある。
しかし、今の子供たちはこの「苦痛」を教師に対して
“支払い”をしているという風にとらえているらしい。
別の言い方をすれば「苦痛」や「忍耐」というかたちをした「貨幣」を教師に対して支払っている。
だから、それに対してどのような財貨やサービスが「等価交換」されるのかを
子どもながらに問うているという訳です。
「僕はこれだけ払うんだけど、それに対して先生は何をくれるの?」と聞いている。


では、何故子どもたちはこのようなマインドで学習に向かうのか?




結論を言うと、
「子供たちは就学以前に消費主体としてすでに自己を確立している」
からだそうだ。




どういうことかというと、




社会的能力のない幼児が成長していく過程で
社会的な承認を獲得するために行うべき最初のことは
昔の子供にとっては家事労働(掃除、洗濯、打ち水、庭の草むしりなど…)をすることであったが
現在はものを買いに行くことなどの消費活動になっているということである。



ここで問題なのは
「お金の透明性」




お金は子供であろうが老人であろうが青年であろうが、原理的に同一の商品やサービスと交換される。




言いかえると
4歳ぐらいの子供が味の人間として社会関係の場に出現した場合、
交渉相手として対等に対処してくれる大人はいないが、お金があると対等に接してくれる。



これが小さな子どもにとっては
一種の快感であり、
全能感をもたらす。



子供であったとしても、
お金を使う人間として現れる場合には
その人の年齢や識見や社会的能力などの要素はカウントされない。
誰が使うかということは考慮されない。



社会的活動をスタートさせた子どもは
その人生のごく初期に「金の全能性」の経験を持ってしまう。



よって、自然と
買い手という位置を先取するようになる。
「教育サービスの買い手」というポジションを無意識のうちに先取するようになる。

買い手であると名乗りさえすれば、
どんな子どもでもマーケットに1人前のプレーヤーとして参入することが許される。



「君は何を売る気なのか?気に入らなかったら買わなくてもいいんだよ。」



これを教育の用語に言い換えると



「ひらがなを習うことに、どんな意味があるのですか?」




となる。



等価交換の取引の特徴は、
“買い手はあたかも自分が買う商品の価値を
熟知しているかのように振舞う”ということ。




人間はその価値を知らない商品は買わない。



その商品が何を意味するかということを知った上でしかお金を出さない。



消費主体にとって「自分にその用途や有用性が理解できない商品」というのは存在しないのである。



だから先生に「ひらがなを習うと何の役に立つのですか」と訊くのは自然な質問であって
権利であって、義務なのである。



そして、
幼い消費主体は
「価値や有用性」が理解できない商品には
当然「買う価値がない」
と判断するのです。





これはこの本のほんの一部の内容ですが、
自分がすごく感心させられた所です。
この本を読んでぜひ、教育について考えてみてください。


長くなりましたが、読んでもらいありがとうございました。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

book紹介②

Book紹介②

これから週1回のペースでブログを書くことになりました。継続して頑張っていきます。

今回は環境問題についての本を取り上げて読んで書いていこうと思います。
著書は『いちばん大事なこと―養老教授の環境論』、著者は養老孟司さん。



この本は確か大学入学前に読んだ本なのですが内容が当時は内容が難しくてちんぷんかんぷんだったので途中で読むのを止めてしまったのであります(涙)。

だから再度挑戦してみました!

この本の一番の主題となっているのは
「どうして環境問題について考えることが難しいのか?」です。


みなさんはどう考えますか?



結論から言うと、それは、環境問題がシステムの問題だからだそうです。


システムというのはたくさんの要素が集まって、全体として安定したふるまいをするような存在であり、自然環境は多数の生物が互いに影響を及ぼし合い絶妙なバランスで巨大な生態系を維持している。ゆえに、環境にプラスになること、マイナスになることを行っても外見にはその変化は現れにくく、直接環境に影響を与えているようには感じられない。変化が現れるまでは時間がかかる。

人間社会ももちろんシステムであるが、その人間の多くは「都市社会」の中で生まれ、育ち、生活している。この「都市社会」というのは人間の意識が作り出した社会であり、それは人間の脳がシミュレーションできる範囲でつくられた社会、すなわち、「ああすれば、こうなる」ということを前提に作られた社会である。具体的に言うと、蛇口をひねれば水が出る、スイッチを押せば電気がつく、インターネットを利用すれば世界中の人たちとコミュニケーションがとれるなど…… これらに共通しているのは時間の概念をなくしていることである。都市社会ではやったことの反応がすぐに時間性を無視して返ってくる。お金さえ差し出せば、同等の価値の商品がすぐに手に入る。すぐに手に入らなければ誰でもイライラするだろう。このような都市社会の中で育ってきた人間は当然のごとく、そのような価値観を持って全てのものごとに接するようになる。

だから、環境問題に対する時にも何か対策をとれば、問題は解決できるという思考によって物事を考えるようになり、早急な解決策を求めるようになる。それが分からない時には「じゃあ、どうすればいいんですか?」という質問をするようになる。こういう質問が出ること自体シミュレーションが成り立つことを前提にしていることを証明している。自然環境は人間のシミュレーションをはるかに超えた複雑な構成要素から成り立っているため、何か一つ対策をすれば解決できる問題ではない。だから私たちは「努力、忍耐、辛抱」して考えていかなければならない。現代人は「努力、忍耐、辛抱」が苦手であると言われているが、それは「努力、忍耐、辛抱」を要するものつまり、自然に触れる機会があまりに減少していることが影響しており、それを身につけるには私たち自身が自然に触れ、自然がどういうものなのかという感性を磨いていかなければ環境について論じることができない。自然に触れることの重要性について理解し、そのような機会をできるだけ増やしていくことは大事なことである。


環境問題は21世紀最大の問題であるといわれています。どんなに経済が良くなっても環境がどんどん悪くなればやがて私達は地球に住むことができなくなります。“環境問題を追求していくと、原理的には自分の心身の問題に戻る”と筆者も述べていますように環境問題は国の問題でもなく、地方自治体の問題でもなく、自分自身の問題であるのです。

この文章を読んで少しでも自分の問題として環境問題について考えるきっかけになるのであれば幸いです。

それでは。 by しんちゃん
コンテントヘッダー

2回目更新!

2回目登場しんちゃんです。
今日はbook紹介です。


僕は今歴史についてすごく関心を持っていて、もっともっと自国の歴史や世界の歴史について知らないといけないと思っていてそういう中で出会った著書『国家の品格』知られる藤原正彦さんの著書『日本人の誇り』について書いていきたいと思います。

著書の中にこんなことが書いてありました。


「社会や国家に尽くすという美徳は、GHQが教育勅語を廃止し公より個を尊重する教育基本法を作成すると同時に消滅の運命を定められたといってもよいでしょう「公イコール国家イコール軍国主義」という連想を植え付けることで公へのアレルギーを持たせ、日本を弱体化させようとしたのです。」


つまり、今の個人主義的発想、公的精神の反発などはマッカーサー主導のGHQによってなされて日本は弱体化したということになります。


では、GHQはなぜ日本を弱体化させようとしたのか?

それは単純な話で日本が太平洋戦争時にアメリカに対して戦況は厳しいと感じていながらも勇敢にたたかったからです。

こんな国をほっといたらいつアメリカが脅かされるかわからない。今のうちに日本人の精神を叩かないといけない。

そう感じたアメリカ(GHQ)はこの戦争は日本を悲惨な戦争に巻き込んだ日本の主導者が悪い、公を重んじる精神が悪いと新聞やラジオなどのメディア、教育によって日本人に戦後徹底的に刷り込みます。
また、原爆投下に関しても日本における本土決戦による日本人1000万人の死者数よりも原爆投下による20万人の死者数の方がよく、戦争を早く終わらせるためには仕方なかったといかにもアメリカには一切の非はないような振る舞いをして、日本が悪いという罪意識を扶植していきます

最初はこの考え方に反発していた人も多かったようですが、GHQはこれを徹底したため徐々に不満分子もなくなり、誰もこれを疑う者はいなくなりました。これが今まで続いてきた結果、今でも日本が戦争に進んでしまった原因は日本の軍国主義者だと考える人は少なくなく、公的精神への反発を感じる人が増え、個人主義が蔓延し、先祖への尊敬の念を失った日本人は自国に対して誇りを持てなくなったというわけです。


なるほどなと思いました。

もちろん、これだけではなくいろんな要素がある中の一つに過ぎないと思うのでこれがすべてではないですが、これを知っておくことが大事だと思って書きました。


まだたくさんかきたいことあるのですが、長くなるのでこの辺で

では。
コンテントヘッダー

くまのbook紹介〜1〜

くまです( ̄▽ ̄)
久々に日記を書きます!

今日からくまの「book紹介」コーナーを作ろうかな、と思います!

そして今日はその記念すべき1回目!!ということでどんな本にしようかなー…と数十秒迷ったんですが!(◎_◎;)
「渡邉美樹の超常思考 勝つまで戦う」(講談社)にしようかなと思います!
皆さん、ちなみに渡邉美樹ってご存知ですか?名前に騙されて女性と思った人はいませんかー( ̄▽ ̄)?
実はこの方は…男性です( ̄▽ ̄)笑
この方は外食チェーン店「ワタミ」の創業者で現在では外食に限らず「介護」「中食」「農業」「環境」など幅広く事業を手がけている方です。
そしてこの本はただの成功体験談ではなく様々な観点から考える「思考法」が提示されてます!
例えば第四章の題は『仕事で成長する思考法』でした。その中で印象的な部分として…
「…私はいつも現在の自分の能力に対して121%の目標を設定しなさい、と言います。目標設定が100%というのは、自分が成長しなくても達成出来る、ということです。あなたの能力を預金にたとえたなら、金利ゼロということです。かといって、150%の目標を達成せよというのは、最初から無理がある。ギリギリ頑張って手が届きそうで届かない、120%のところにポイントを置き、そこまで到達したときにあと一歩、最後の一歩が必要な地点。つまり121%の地点を目標に設するのです。…」(「渡邉美樹の超常思考 勝つまで戦う」(講談社)146ページより引用)
…という感じです。雰囲気は伝わりましたか( ̄◇ ̄;)?
では、もうひとつ。第五章『価値観を転換する思考法』より…
「…幸せは、自分以外の他者の存在があるところにしか、生まれない。…「ありがとう」と言える相手がいること。人から「ありがとう」と言ってもらうこと。そのこと自体が、かけがえのない幸せの種です…」(「渡邉美樹の超常思考 勝つまで戦う」(講談社)186〜187ページより引用)
などです。
時間が空いた時などに是非読んでみてはいかがですか?
では寒い日も続く(群馬の今日の最低気温はー6度!!)と思いますが体調を壊さないようにしてください!

ではでは( ´ ▽ ` )ノ
プロフィール

Author:高崎カープ
高崎経済大学で活動してます!
地域・経済の
個性的なメンバーで構成されてます!(◎_◎;)
キャラの濃ゆいメンバーで日々楽しくやってまーす!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。